睡眠時無呼吸症候群(SAS)外来

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、睡眠中に気道がふさがれる事によりおこる様々な症状の事を指す総称で、日常生活や健康に大きな影響を及ぼします。いびきが大きい、寝てる間に息が止まっていたといわれた事はありませんか?睡眠時間は十分なはずなのに、朝起きるのが辛かったり、日中も居眠りがひどかったりしませんか?思い当たる事がある方はどうぞかかりつけの先生までご相談下さい。

初診の方は、紹介状が必要です
当院は、「初診時保険外併用療養費」の算定基準を満たした病院です。
救急・公費の方を除き、他院からの紹介状なしで受診の場合は「初診時保険外併用療養費」として3,240円をご負担頂いております。
※2019年10月1日より消費増税に伴い3,300円となります。

詳細については、地域医療連携室 よくあるご質問をご覧下さい。

スタッフ紹介

副院長
呼吸器内科部長
7階病棟医長
普天間 光彦
認定 日本呼吸器学会インフェクションコントロールドクター

睡眠時無呼吸症候群(SAS)外来 診療体制表

外来体制
[受付時間]
12/02 12/03 12/04 12/05 12/06 本日
12/07
午前
[8:00~11:30]

普天間 光彦

午後

※第●週の表記で灰色で小さく表示されている場合は当該週ではありません

◆備考


◆受付時間と診療時間について[詳細表示]

印刷用 診療体制表[PDF]