今日以降の診療体制に変更があります。詳細は、診療体制でご確認ください。

【重要】受診には原則として診療情報提供書(紹介状)が必要です
(公費、妊娠・ご出産、自費診療など一部を除く)

一般外来での公費による受診、妊娠・ご出産のための受診、自費診療など一部の例外を除き、原則として診療情報提供書(紹介状)が必要です。
診療情報提供書(紹介状)がない方は、下記のボタンから診療所の検索が可能です。本件についての詳細は、「地域医療支援病院について」をご覧ください。

小児外科専門外来は、新生児から15歳以下(中学生以下)の小児が対象で、小児外科疾患や小児泌尿器科疾患を取り扱います。

小児外科とは小児の一般外科です。頚部、胸部、食道から肛門までの小児消化器外科疾患、臍ヘルニアや鼠径ヘルニアなどの腹壁異常など手術治療が必要となる可能性のある疾患を取り扱います。

成人の病気とは異なる小児特有の疾患も数多くあります。また、小児の体は成人とは異なり発育・発達の途中にあるため、各年代に応じた対応が必要となります。

小児外科専門外来は小児の外科疾患と小児の特性を理解し、トレーニングを受けて資格を持った小児外科専門医が担当します。

対象疾患(当院で診療できる主な疾患)

  • 臍ヘルニア(でべそ)、 臍肉芽(臍ポリープ、尿膜管遺残、臍腸管遺残)
  • 鼠径ヘルニア(脱腸)、陰嚢水腫
  • 停留精巣
  • 包茎
  • リンパ管腫(リンパ管奇形)
  • 乳児肛門周囲膿瘍
  • 陰唇癒合
  • 乳幼児難治性便秘(ヒルシュスプルング病疑い)
  • 胆道閉鎖症疑い(USBA高値)
  • その他の全ての小児外科疾患(初期診療と手術後の定期診療)

当院では小児外科手術は行なっておりませんが、手術を必要とする場合は沖縄県内の小児外科診療機関(琉球大学病院や沖縄県立南部こども医療センター、那覇市立病院など)と連携して精密検査や手術治療を行える様に紹介します。外来治療できる疾患も多くあります。手術治療が必要となっても退院後の定期的小児外科専門外来通院が必要な場合は当院にて通院可能です。

外来診療

  • でべそ外来 : 乳児臍ヘルニア圧迫療法
  • 包茎外来 : 包茎の軟膏治療
  • 便秘外来 : 乳幼児難治性便秘(ヒルシュスプルング病疑い)の生活指導や薬物療法、精密検査
  • 陰唇癒合の剥離、軟膏治療
  • 肛門周囲膿瘍の切開排膿や薬物療法
  • 全ての小児外科疾患・小児泌尿器科疾患の初期診療 : ハートライフ病院で可能な画像検査と診察で診断し、必要に応じて小児外科や小児泌尿器科診療施設と連携をとり紹介します。琉球大学病院では小児肝移植手術や小児がん手術、新生児外科治療なども行っており、全ての小児外科疾患の初期診療が可能です。
  • 小児外科疾患の手術後の患者さん(成人に達している方々を含む)の定期的な小児外科専門外来診療
  • 小児科で治療を受けている心身障害児(者)で胃瘻造設術後などの胃瘻管理(定期的胃瘻交換処置)
  • 小児創傷処置外来 : お子さん(乳幼児・小学生)の「転んで怪我してしまった」「ぶつけて切れてしまった」 などの傷の縫合や火傷(やけど)などの創傷処置

子どもたちはもちろんのこと、パパ・ママにも寄り添った診療を心がけておりますので、まずはお気軽にご相談いただければと思います。小児外科診療機関と連携し、地域の子どもたちの外科医療に貢献できるよう頑張りますのでよろしくお願いいたします。

診療体制

受付時間
※曜日や担当医師により異なる場合がございます。必ず当日の診療体制を下表でご確認下さい。
【午前】診療はありません
【午後】12:00~16:00

当院は急性期病院のため、緊急度の高い患者さんの診療・治療を優先します。
その際は外来の待ち時間が非常に長くなる場合や臨時休診になる場合があります。
皆様のご理解とご協力をお願いします。

5/20
(月)
5/21
(火)
5/22
(水)
5/23
(木)
5/24
(金)
5/25
(土)
午前
午後

久田 正昭

備考

    代診・休診のお知らせ

     

    診療体制変更のお知らせ

     

    スタッフ紹介