形成外科とは

形成外科とは、別名「体表外科」とも呼ばれます。頭のてっぺんから、足のゆびさきまでのからだの表面の病気を扱う診療科です。

いっぽう、形成外科とは、別名「精神外科」とも呼ばれます。こころの満足を治療の目標としています。

たとえば傷を負った場合、外科や救急科では「乾いたりかさぶたになる」つまり傷が治ったら終了ですが、形成外科では、傷を治すことのみでなく傷跡も目立たなくする治療を行い「本人が満足したら終了」となります。
また、いぼやホクロなども外科や皮膚科の場合「悪いもので無ければ様子を見ましょう」となりますが、形成外科では「悪いものではなさそうですが、ご本人が満足するなら希望に沿って取りましょう」となります。

診療内容

形成外科の対象疾患は多岐にわたりますが、幅広いオールラウンドな診療ができるように努力しています。

形成外科一般 きず、術後肥厚性瘢痕、ケロイド、ひきつれ(瘢痕拘縮)など
腫瘍外科 良性: 眼瞼横色腫、脂肪腫、唾液腺腫瘍など
悪性: ボーエン病、基底細胞がん、扁平上皮癌、陰部パジェット病、悪性黒色腫などの拡大切除および再建
再建外科 頭頸部悪性腫瘍切除後の再建、乳がん切除後の乳房再建
広範囲皮膚軟部組織欠損に対する遊離組織移植を用いた再建
熱傷治療 Ⅱ度の熱傷に対する保存的治療からⅢ度熱傷に対する手術療法まで
顔面外傷 顔面骨骨折、顔面神経損傷、涙小管断裂などの再建
手足の外科 手指切断に対する再接着術を含めた手足の外傷
陥入爪、巻き爪変形に対するワイヤーを用いた矯正や根治術など
難治性皮膚潰瘍 とこずれに対する皮弁形成術、糖尿病性難治性下腿皮膚潰瘍など
先天異常 多指(趾)症、合趾症、絞扼輪症候群などの手足の先天異常
臍ヘルニア、副乳、耳の変形、漏斗胸など
美容外科的再建 先天性・老人性眼瞼下垂、腋臭症(切開法)、陥没乳頭、重瞼など
美容レーザー治療  シミや赤み、たるみや小じわ、小穴やムダ毛
レーザー治療料金表はこちら
※レーザー治療は原則として自費診療です。健康保険は適用されません。
その他 原因不明または癌手術後の四肢リンパ浮腫に対するマイクロサー
ジャリーによるリンパ管静脈吻合術、顔面神経麻痺、顔面変形
(Romberg 病など)、毛巣洞、腹壁瘢痕ヘルニアなど

形成外科?整形外科?美容整形?

よく間違われたり、曖昧だったりするのが「形成外科」、「整形外科」、「美容整形」ですが、次のような違いがあります。

整形外科 → 運動器を扱う診療科です
肩・肘・膝・背筋・手足の骨折、関節の障害、筋肉の障害、神経障害などの治療を行います。

美容整形 → 見た目の美を扱う診療科です

それぞれの分野で重なるところがあります。

診療体制

受付時間
※曜日や担当医師により異なる場合がございます。必ず当日の診療体制を下表でご確認下さい。
【午前】8:00~11:00  【午後】12:00~16:00

1/27
(月)
1/28
(火)
1/29
(水)
1/30
(木)
1/31
(金)
2/1
(土)
午前

東盛 貴光(受付11時まで)

予約のみ)池邉 翔平/石嶺伝羽(受付11時まで)

予約のみ)池邉 翔平(受付10時30分まで)

手術日

予約のみ)石原 千尋(受付11時まで)

予約のみ)石嶺 伝羽(受付10時30分まで)

東盛 貴光(受付11時まで)

予約のみ)池邉 翔平/石嶺 伝羽(受付11時まで)

午後

手術日

手術日

予約のみ)池邉 翔平(受付16時まで)

予約のみ)石嶺 伝羽(受付16時まで)

手術日

予約のみ)東盛 貴光(受付16時まで)

備考

    代診・休診のお知らせ

     

    診療体制変更のお知らせ

     

    スタッフ紹介