病理診断科

病理診断科は細胞診断、病理組織診断、術中迅速病理診断などを行う科で、一般的な外来診療などはありません。病理診断を行う医師「病理医」と、診断に必要な標本を作製する「臨床検査技師」が所属しています。各診断では、手術で切除された部位や、検査するために体の組織の一部を小さく切り取ったりして採取した部位を顕微鏡で観察して診断を行ったりします。例えば、切り取った部分が、「胃潰瘍」なのか「胃がん」なのかを診断したりします。