今日以降の診療体制に変更があります。詳細は、診療体制でご確認ください。

【重要】受診には原則として診療情報提供書(紹介状)が必要です
(公費、妊娠・ご出産、自費診療など一部を除く)

一般外来での公費による受診、妊娠・ご出産のための受診、自費診療など一部の例外を除き、原則として診療情報提供書(紹介状)が必要です。
診療情報提供書(紹介状)がない方は、下記のボタンから診療所の検索が可能です。本件についての詳細は、「地域医療支援病院について」をご覧ください。

ヘルニアセンターでは、鼠径ヘルニア(脱腸)に対して負担の少ない手術 LPEC法(嵩原法)による小児、成人への低侵襲治療を行っております。

鼠径(そけい)ヘルニアについて、広報誌「あすなろ(No.73/春号)」に特集記事を掲載しております。※あすなろ掲載の診療体制は、掲載当初のもので現在は異なります。

診療体制

受付時間
※曜日や担当医師により異なる場合がございます。必ず当日の診療体制を下表でご確認下さい。
【午前】8:00~11:00
【午後】診療はありません

当院は急性期病院のため、緊急度の高い患者さんの診療・治療を優先します。
その際は外来の待ち時間が非常に長くなる場合や臨時休診になる場合があります。
皆様のご理解とご協力をお願いします。

5/20
(月)
5/21
(火)
5/22
(水)
5/23
(木)
5/24
(金)
5/25
(土)
午前

西原/国吉

国吉 史雄

西原/国吉

午後
備考
  1. ※毎週火曜日(午前)と木曜日(午前)のみです。小児ヘルニアは対応不可となります。

代診・休診のお知らせ

 

診療体制変更のお知らせ

 

スタッフ紹介

 

アドバイザー紹介

ヘルニアセンターアドバイザー
嵩原 裕夫(たけはら ひろお)
日本内視鏡外科学会技術認定医、日本小児外科学会名誉会員、日本臨床外科学会特別会員、日本内視鏡外科学会特別会員、日本ヘルニア学会特別会員