計画期間

 2020年8月1日~2022年3月31日

内容

目標1所定外労働時間削減に向けた措置を行う
対策定時退社の意識付けを行う為に、日勤帯終業10分前に音楽を流し啓蒙を図る
法人内情報共有ツールへ毎月の部署毎の個人平均残業時間の公開を行う
目標2年次有給休暇の取得率を全部門65%以上とする
対策計画的付与が行えるよう、管理職への研修や年休消化状況の共有強化を行う
法人内情報共有ツールでの周知やポスター等での啓蒙を行う
目標3産前産後休業や育児休業、関連給付制度、育休中の社会保険料免除など制度の周知や情報提供を行う
対策法人内情報共有ツールでの情報公開、希望者にはパンフレット提供を行う
目標4休職明け職員が安心して職場復帰出来る制度構築する
対策各休職制度を利用し復帰する職員に対する案内運用や規程等の整備を図る
目標5男性の育児休業の取得率を7%以上とする
対策配偶者出産時の特別休暇制度や育児休業運用等の情報発信を強化する
目標6事業所内保育園の利用促進の為の情報発信を行う
対策法人内情報共有ツールへ空き定数および園の行事風景を公開する
目標7若年者に対するインターンシップの就業体験機会の提供促進を図る
対策各職種・部署への協力体制を構築し、年度実績を公開する

2020年8月1日 社会医療法人かりゆし会 理事長 安里 哲好