日頃、体は動かしてますか?1000歩=10分の プラス10を意識してみよう!

日頃、体は動かしてますか?1000歩=10分の プラス10を意識してみよう!

文:健康運動指導士 高原 早陽香(たかはら さやか) 

 体を動かす重要な目安となっているのは歩数ですが、この10年間全ての年齢層で1日あたり約1,000歩減少しています。これをカロリーに換算するとおよそ1日あたり30kcalで、1年間続くと約1~1.5kgの体重増加に相当します。1,000歩に相当する時間は10分程度です。生活の中で時間をみつけ、なるべく体を動かし、今より10分多く体を動かす「プラス10」を意識して生活してみましょう♪

プラス10の効果は?

体の健康

メタボリックシンドロームを改善し、生活習慣病発症リスクの低減

心の健康

気分転換やストレス解消でメンタルヘルスの一次予防として有効

高齢期の健康

ロコモティブシンドローム(骨、筋肉など運動器の障害)や認知症を予防し、生活機能を維持

健康づくりのための身体活動指針(アクティブガイドライン)

今よりも少しでも長く、少しでも元気にからだを動かすことが健康への第1歩です。プラス10から始めましょう。

車移動から、徒歩や自転車の移動に変えてプラス10

ながらストレッチでプラス10

歩幅を広く速く歩いてプラス10

プラス10で健康寿命を伸ばしましょう!

糖尿病ネットワーク「おうちで+10(プラス10)」より