緩和ケアチームのご紹介

緩和ケアチームのご紹介

 当院では主治医や緩和ケア認定看護師などの医療スタッフが患者さんやそのご家族を支援します。

『緩和ケア』って何?

 がんと告知された衝撃やおちこみ、痛みや息苦しさ等の身体的苦痛のほかに、今後の治療や生活に関する不安など精神的な負担も伴います。そのような様々な苦痛をやわらげる為に、告知されてから始まるのが「緩和ケア」です。対象患者はがんや心不全などの方です。

たとえばこんな時にご相談下さい

●仕事や生活が不安
●身体がだるい
●痛い
●息が苦しい
●吐き気が強い
●不安だけど誰に相談したらいいか分からない
●気分が落ち込んでいる
●今後自分はどうなっていくのか不安で眠れない
●金銭的に不安
●終活について考えたい

緩和ケアチームについて

 週1回の回診を行います。緩和ケアチームは医師、看護師、薬剤師、栄養士、MSW、リハビリスタッフと多職種で患者さんとご家族をサポートできるよう主治医と連携して関わっていきます。多職種で患者さんやご家族にとって少しでも支えとなり、悩みを軽減できるよう支援していきます。

当院の緩和ケア認定看護師の紹介

 2018年に緩和ケア認定看護師になり去年から活動を始めました。 がんの患者さんは、病気と闘う中でいろいろな苦痛を感じています。そこに関わる看護師として、これでよかったのだろうかと自分の看護を考えさせられ、専門的な知識を勉強し資格を取ることにしました。
 がんと告知された時から緩和ケアを始めようという動きは世の中にあるものの、中々初めから関わることができていない現状があります。告知や手術、人生の中でがんと共に生きていくためのいろいろな苦痛へのケアは十分ではないと感じています。当院では少しでもその苦痛の軽減につながるようケアし相談できるためのチームが発足されました。
 その他にも8月よりがん患者さんの困りごとや相談ができる窓口を毎週月・火の午前中に開設します。相談を希望される方は看護師へお声かけください。