患者さんの権利と患者さんへのお願い

ハートライフ病院では、より良い治療を行うには、患者さんの治療参画、病院職員とのパートナーシップが重要であるとの考えから、下記のとおり「患者さんの権利」と「患者さんへのお願い」を定めています。

患者さんの権利

  1. あなたは必要な医療が受けられます。
  2. あなたは病気とその検査及び治療についての納得のいく説明を受けることができ、その上で適切な医療を選ぶことができます(インフォームドコンセント)。
    インフォームドコンセント」とは、患者さんが診療を受けるにあたって、「ご自分の疾病の検査・診断方法やその治療方針について、医師などから充分説明を受け、その内容をよく理解し納得した上で、患者さん自身の意思でその検査や治療を受けるかどうか選択する。」ことを言います。言いかえれば、患者さんは、充分な説明をうけた後、同意の上で治療を受ける権利を持っているということです。よい治療を行うためには、何よりも患者さんのご自分の病気に対する認識と治療方針についてのご理解が大切です。診療に対して疑問や不明点がございましたら、遠慮なく主治医にお尋ねください。
  3. さらに、他医師(当院及び他院)の意見を聞くことができます(セカンドオピニオン)。
    セカンドオピニオン」とは、現在の主治医からの説明に対し、他の医師からの意見を聞くことをいいます。治療方法を選択し、決定する上で、納得した治療を受けるために他の医師の意見を聞いてみたいという方は、ご遠慮なく主治医にご要望ください。他病院医師の意見を聞きたい場合は、診療情報提供書(紹介状)やレントゲンフィルム、検査結果など必要な書類や資料をご用意いたします。 ※情報提供に際してのご負担があります。詳しくは、総合案内にご確認ください。
  4. 研究段階にある治療について主治医から提案されたり、ご自身が希望される場合、資料に基づいて十分説明を受け納得し、共同の責任で治療を選ぶことができます。
  5. 医療における個人の情報は保護されます。→患者さんの個人情報保護について
  6. 自分の診療情報(カルテ)の開示を求めることができます。

当院では、患者さんと情報を共有することで、より質の高い医療を実現することを目的として、カルテの開示(診療情報の提供)を行っています。カルテには、患者さんご自身のプライバシーに関する情報が記録されていますので、原則として患者さん以外の方への開示は行いません。情報提供を希望される方は、患者相談窓口までご連絡ください。

※情報提供の際には手数料が必要になる場合があります。

患者さんへのお願い

  1. 自分自身の健康に関する情報を正確に詳しくお伝え下さい。
  2. 院内の規則・マナーを遵守して下さい。
  3. 健康回復のために共に努力して下さい。
  4. 分からないことは質問して下さい。