足と傷のセンター

足と傷のセンターとは

足と傷のセンターはなかなかなおらないキズを専門的に扱うセンターで、専門的な訓練を受けた医師を中心としたチームで一丸となって治療に取り組んでいます。

当院での受診には紹介状(診療情報提供書)が必要です

当科での受診をご希望の方は、現在のかかりつけの先生にご相談のうえで診療情報提供書をお持ちください。

 

短期集中の治療を行います

治療は外来診療のみならず、手術から装具作成まで含めた入院管理まで短期間で集中して行います。自宅での創傷処置もサポートしており、約80%の傷が14週間程度で治療可能です。

多様な創傷に対応します

糖尿病性下肢潰瘍、血行障害による潰瘍など、慢性創傷の原因は実に様々で症状も治療法も大きく異なります。足と傷のセンターでは多様なタイプの創傷への対応が可能です。

足のチェックシート

次のような症状がある場合は、「慢性創傷」かもしれません。

  • 足の傷が治らない
  • 足にできた傷から膿が出る
  • 最初は小さな傷だったが、大きくなってきた
  • 足の指先が黒くなっている
  • 足がいつもよりむくんでいる
  • 足が冷たい

慢性創傷は糖尿病や閉塞性動脈硬化症など血流障害をお持ちの方によく見られます。こうした症状は専門家による治療が必要です。

「足の傷が治らない」、「足が壊死して他院で切断を進められた」など、難治性創傷でお悩みの方は当院にご相談下さい。

足と傷のセンターにおける治療例

動脈硬化に伴う傷 → 血管内治療

閉塞性動脈硬化症による足壊死に対し、血流を改善させる血管内治療や壊死部の除去などを行います。

 

糖尿病性疾患に伴う傷 → 壊死組織の切除

糖尿病性足潰瘍・壊疽に対し、血糖管理を行いながら壊死部分の除去手術などを行います。

 

静脈性疾患に伴う傷 → 専用包帯での圧迫やレーザー焼却術

静脈うっ滞性皮膚潰瘍や下肢静脈瘤による傷に対し、専用包帯での圧迫や逆流する静脈へのレーザー焼却術などを行います。

 

褥瘡 → 壊死組織の切除・局所陰圧閉鎖療法・皮弁術

褥瘡(床ずれ)による壊死部分の除去・局所陰圧閉鎖療法・皮弁術などの組み合わせで治療を行います。

 

予防手術 → 外反母趾やアキレス腱延長、内反足など

潰瘍ができる前に傷の予防を行う「予防手術」についても積極的に取り組んでおります。

 

 

スタッフ紹介

形成外科部長
琉球大学医学部形成外科非常勤講師
東盛 貴光
認定 日本形成外科学会専門医
日本形成外科学会領域指導医
日本形成外科学会熱傷分野指導医
日本形成外科学会創傷外科分野指導医
日本熱傷学会専門医
日本レーザー医学会指導医
日本レーザー医学会専門医
日本創傷外科学会専門医
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会認定エキスパンダー・インプラント責任医師
身体障害者福祉法指定医(肢体不自由)
下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施認定医
日本フットケア・足病医学会 九州・沖縄地方世話人
日本褥瘡学会 九州・沖縄地方世話人
全身のいぼ、しこり、治りにくいキズやきずあと、フットケアの悩みなど気軽に相談ください。患者さん一人一人の希望に沿って対応できるよう努力しております。

足と傷のセンター 診療体制表

外来体制
[受付時間]
10/14 10/15 10/16 本日
10/17
10/18 10/19
午前

午後
[12:00~16:00]

予約・紹介のみ)東盛 貴光(受付16時まで)

※第●週の表記で灰色で小さく表示されている場合は当該週ではありません

◆備考

2019年5月29日(水)より、足の慢性創傷の治療を行う「足と傷のセンター」を開設します。
当科での受診には診療情報提供書(紹介状)が必要です。まずは、現在のかかりつけの先生にご相談ください。


◆受付時間と診療時間について[詳細表示]

印刷用 診療体制表[PDF]