陥入爪・巻き爪の治療について

ハートライフ病院 形成外科の「巻き爪や陥入爪の治療」についてのページです。
巻き爪や陥入爪でお悩みの方は、どうぞお気軽にご相談下さい。

2019年10月1日より、消費税率の10%への変更に伴い料金を一部改正いたします。詳細は各治療料金表でご確認ください。

※巻き爪や陥入爪の治療については、現在保険適応外の治療のため自費診療となります。

巻き爪、巻き爪による陥入爪とは

巻き爪とは、爪が変形した状態をいいますが、陥入爪とは、爪の端が周りの皮膚に食い込んでしまう状態をいいます。陥入爪では必ずしも爪は巻いていません。
陥入爪の原因は、深爪やサイズの小さい靴の使用がほとんどであり、足の親指がほとんどですが、他の指に生じることもあります。

巻き爪の治療法

マチワイヤー法

適応

マチワイヤー施術前

マチワイヤー施術前

マチワイヤー装着後

マチワイヤー装着後

巻き爪変形による陥入爪症状を呈している場合に適応となります。
※巻き爪変形のない陥入爪には適応となりません。

利点

従来行われていた、(部分)抜爪や根治術などは局所麻酔を必要とし、術後も疼痛がありましたが、この方法では麻酔が不要であり、処置時も処置後も痛みが全くありません。

欠点
マチワイヤー(ニッケルチタン合金性形状記憶合金)を用いて矯正を行っていくものであり、治療には数カ月の時間を要します。
また、高度の巻き爪変形では数回の治療を要することもあります。

 

料金 ※現在保険適応外の治療であり、自費診療となります。

2019年9月30日まで 2019年10月1日まで
初診時 1趾 5,400 円 5,500円
再診時 処置あり(ワイヤー新規購入なし)1趾 1,080 円 1,100円
再診時 診察のみ 処置なし 1趾 540 円 550円