2016年7月に導入された、ハートライフ病院の救急車型ドクターカー。
2019年3月には、ラピッド型ドクターカーも導入し2台体制となることでより充実した病院前救急を実現しています。

救急車とドクターカーの違い

  救急車 ドクターカー
目的 患者を病院まで運ぶための⾞両 医師や看護師を現場まで運ぶための⾞両
検査  モニター⼼電図 超⾳波(エコー)、⼗⼆誘導⼼電図など
車内治療 応急治療
緊急治療
心肺停止の場合には、気管挿管、心臓マッサージや電気ショックなどの処置が行えます。心肺蘇生以外の薬(鎮痛薬や不整脈の薬などは)は使用できません。
応急治療
緊急治療
救急車で行える治療に加え、初期治療
救急室で行える検査・治療を車内に備えた医療器具や薬で患者の治療が行えます。

  救急隊にできること ドクターカーだとできること
A
気道
用手的気道確保、声門上デバイス、気管挿管 輪状甲状靭帯穿刺、緊急気管切開
B
呼吸
酸素投与、補助換気 人工呼吸、緊急脱気、胸腔ドレナージ
C
循環
静脈路確保、輸液、圧迫止血、心電図、電気的除細動 骨髄・中心静脈・FAST、心嚢穿刺、輸血、蘇生的緊急止血術
D
意識
血糖測定、ブドウ糖投与 鎮静、鎮痛薬投与、抗けいれん薬投与、予防的気道確保

ドクターカーのデザイン

doctor_car_design

装備・車内のようす

S1110027

ドクターカーの導入と特徴について、新聞に掲載されました

2016年7月25日(月)沖縄タイムス
2016年7月31日(日)琉球新報