循環器内科

初診の方は、紹介状が必要です

 当院は、「初診時保険外併用療養費」の算定基準を満たした病院です。
救急・公費の方を除き、他院からの紹介状なしで受診の場合は「初診時保険外併用療養費」として3,240円をご負担頂いております。
※2019年10月1日より消費増税に伴い3,300円となります。

詳細については、地域医療連携室 よくあるご質問をご覧下さい。

icon循環器内科統計情報>>>

循環器内科 後期研修医募集

概要

循環器疾患の有病者数は増加の一途をたどり、これに対応するための診断、治療はめざましい発展を遂げ、循環器内科医はより専門性の高い高度な医療知識や医療技術が要求されてきています。

心血管系疾患は病態の変化が急速なことも多く、正確かつ迅速な病態の把握、診断、治療方針の決定が要求される重要な部門です。後期研修医は指導医の指導のもと、救急患者や循環器内科外来および入院患者の診療を行いながら、日本循環器学会循環器専門医研修カリキュラムの達成度評価表に基づく、諸検査、諸治療を習得し、救急外来、集中治療室における急性期重症患者の全身管理を目標としたトレーニングを受けることができます。当院の循環器内科医としての後期研修は、一般内科医としての基本を学びながら、循環器疾患の診断、治療に関する専門的知識、技術を習得することを目標としています。
3年目(後期研修医1年目)2月、  内科認定医受験申請書類提出
4年目(後期研修医2年目)7~8月、内科認定医試験を受験
7年目 循環器専門医試験を受験
8年目 日本循環病学会専門医資格習得。

 

対象

研修指定病院での2年間の初期研修を終了し、プライマリーケアを中心とした基本的な臨床能力を有する卒後3年目の医師で、とくに循環器領域の研修を希望するもの2名。
研修期間は、循環器内科として2年間を予定しているが習熟度により短縮、延長を検討する。

 

研修、指導方法

  1. 後期研修医は指導医の指導のもとに入院患者の主治医として診療を行う
  2. 後期研修医は指導医の指導のもとに当直業務、時間外診療の研修を行う
  3. 一般内科外来、循環器外来診療を行い、問診、診察、検査を迅速かつ効率的に行う
  4. 退院サマリーを指導医に提出し、評価を受ける
  5. 心カテ検討会、抄読会、循環器内科回診の他、内科全体の総回診、病院全体の検討会、
    講演会、CPCに積極的に参加する
  6. 指導医の指導のもと、県内外の講習会、講演会に参加し、学会への症例報告を行う。

 

2年間で必ず習得すべき循環器特殊検査、処置、管理

  1. 経胸壁、経食道心エコー、運動負荷心電図、ホルター心電図、心臓核医学検査の読影
  2. スワンガンツカテーテル、IABP、PCPS、急性血液浄化を含んだ集中治療管理
  3. 冠動脈造影、体外式、永久式ペースメーカー植込み術、胸腔、心嚢ドレナージ

後期研修についての詳細は、「後期研修医(専門研修医)募集」ページをご覧ください。
*/?>

スタッフ紹介

循環器内科統括部長
與座 一
内科部長
循環器内科部長
医局長
秋元 芳典
認定 日本循環器学会専門医
日本内科学会総合内科専門医
日本医師会認定産業医
日本内科学会指導医
救急総合診療部副部長
循環器内科医長
三戸 正人
認定 日本救急医学会救急科専門医
日本循環器学会専門医
日本内科学会指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本スポーツ協会公認スポーツドクター
日本DMATインストラクター
統括DMAT登録者
JMECCインストラクター
ICLSインストラクター
MCLSインストラクター
MCLS CBRNEインストラクター
日本心臓核医学会評議員
心臓リハビリテーション指導士
病院前救急統括体制認定機構認定民間メディカルコントロール医師
循環器内科医長
仲村 義一
認定 日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会指導医
日本内科学会認定内科医
JMECCインストラクター
ICLSインストラクター
POCUS(Point Of Care Ultrasound)コースインストラクター
平成28年1月よりハートライフ病院で働いています。中部地区の患者さんの健康を一生懸命サポートしていきます。よろしくお願いします。
循環器内科医長
金城 太貴
認定 日本内科学会認定内科医

循環器内科 診療体制表

外来体制
[受付時間]
10/14 10/15 10/16 本日
10/17
10/18 10/19
午前
[8:00~11:30]

三戸 正人

秋元 芳典

秋元 芳典(予約のみ)

金城 太貴

金城 太貴(予約のみ)

輪番(紹介のみ)

秋元 芳典(紹介のみ)

午後
[12:00~16:00]

※第●週の表記で灰色で小さく表示されている場合は当該週ではありません

◆備考


◆受付時間と診療時間について[詳細表示]

印刷用 診療体制表[PDF]  

代診・臨時休診のお知らせ