無菌治療センター

沖縄県内で骨髄移植を完結。患者さんとドナーの方の負担を軽減し、より安全な移植治療を目指します。

icon血液内科統計情報>>>

 

無菌治療センター設立からアップグレードまでの経緯

当院では、2000年より末梢血幹細胞移植を実施し、2009年10月より骨髄移植も実施しておりますが、沖縄県内での骨髄移植医療の体制は非常に不安定な状態が続いております。血液難病等と闘いながら骨髄移植を希望する患者の皆様が骨髄移植医療を受けやすい環境を充実させるため、2010年11月1日よりハートライフ病院内に無菌治療センターを開設いたしました。

平成25 年6 月 13 日には、より高度な感染症のコントロールができ、今後増加が予想される移植症例に対応可能するため、無菌治療センターのアップグレードを行いました。 無菌治療センターは従来、NASA Class100の無菌室が2 室とNASA Class10000 の無菌室が 8 室でしたが、10 室全てをNASA Class100の無菌室へ増強し従来よりも更に安全で高度な血 液疾患治療を行える施設となりました。NASA Class100 の10 室に加え、区域内を全て無菌エ リアとした施設としては、沖縄県内最大の規模を誇っております。また、センター内に無菌調剤室 も併設し、より安全な調剤・投与・治療が行える環境が整いました。

施設概要

特殊病床数:10室(独立区画内/全個室)一室あたり13.2平方メートル(うち、NASA Class100:10室、その他廊下などもNASA Class10000)総床面積:218平方メートル※NASA Class…粒子径が0.5ミクロン以上の粉塵/微生物が空気1立方フィート(約30立方センチメートル)中に100個以下である室内をクラス100と呼びます。同様に、空気中に粉塵/微生物が10000個以下である室内をクラス10000と呼びます。
DSC_0861DSC_0742-2
DSC_0843-2DSC_0800-2

施設認定について

認定団体:財団法人 骨髄移植推進財団

認定名称:非血縁者間骨髄採取施設・移植診療科施設認定

本認定により、これまで県外にて行わなければならなかった骨髄バンクからの同種骨髄移植が沖縄県でも行えるようになり、患者さまやドナーの方の負担に軽減になると考えております。

スタッフ紹介

血液内科部長
6階病棟医長
宮城 敬
認定 日本血液学会指導医
日本血液学会専門医
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会指導医
血液内科副部長
山入端 敦
認定 日本血液学会専門医
日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会指導医
血液内科医長
狩俣 かおり
認定 日本血液学会専門医
日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
大濵 昌代
認定 日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医

無菌治療センター 診療体制表

外来体制
[受付時間]
08/19 08/20 08/21 08/22 08/23 本日
08/24
午前
[8:00~11:30]

宮城 敬

山入端 敦

狩俣 かおり

大濵 昌代

山入端 敦

宮城 敬

狩俣 かおり

午後

※第●週の表記で灰色で小さく表示されている場合は当該週ではありません

◆備考


◆受付時間と診療時間について[詳細表示]

印刷用 診療体制表[PDF]