胃癌の生存率 2018年

対象期間 2011年1月1日~2017年12月31日
観察終了日 2018年8月31日
予後調査 来院情報
他施設照会
衛生環境研究所からの予後情報
生存率算出方法 カプランマイヤー法(実測生存率)

 

全症例数 183名
男:126 女:57
男女比 2.2 : 1
平均年齢 71.8歳
Stage判明率 99.5%
消息不明数 16
消息判明率 91.3%

 

病期別 症例数 死亡数 3年生存率 5年生存率
ⅠA 73 9 95.0% 90.7%
ⅠB 27 12 87.5% 65.6%
25 9 69.5% 51.5%
17 12 21.5% 21.5%
40 37 8.7% 5.8%
全症例 ⅠA~Ⅳ 182 79 58.0% 50.0%

【解説】
胃癌病期ⅠA期死亡者9名は、他疾患にて3名死亡、死因不明6名。
ⅠB期死亡者12名は、原疾患1名、他疾患4名、死因不明7名。
Ⅱ期死亡者9名は原疾患4名、他疾患2名、死因不明3名。
Ⅲ期死亡者12名は原疾患7名、他疾患3名、死因不明2名。
Ⅳ期死亡者37名は原疾患24名、他疾患3名、死因不明10名となっております。
※死因不明は院外での死亡の為、死因判明出来ませんでした。

 

①胃癌の男女別年齢階級グラフ

【解説】

2017年の我が国における悪性腫瘍死亡率の中で胃癌の占める割合は、男性2位、女性4位と今日においても胃癌は主要な悪性疾患の一つです。

罹患率と死亡率は男性の方が女性より高く、年齢別に見ると40代では男女比は小さく、50代前半より差が開きます。平均年齢は71.8歳で、男性では60代前半が最も多く、次いで60代後半、70代前半となっております。

女性では、70代後半が最も多く次いで80代後半となっております。

 

②胃癌の男女割合

【解説】

当院の患者さんの男女比は2.2:1となっております。全国的にも男性が女性の2倍あると言われており当院も同様の結果でした。

 

③胃癌 ステージ別件数

【解説】

癌の進行の程度は「病期(ステージ)」として分類します。病期はローマ数字を使って表記することが一般的です。

病期は、癌が胃の壁の中にどのくらいもぐっているのか(深達度)、リンパ節や他の臓器へ転移があるかどうかによって決まります。ⅠA期が最も早期の状態であり、Ⅱ期、Ⅲ期、Ⅳ期の順で進行していきます。

近年、胃癌の早期発見の必要性の認識が高まったことにより、健康診断や病院で胃の検査を受ける方が増え、早期の段階で胃癌が見つかることは珍しくなく、当院では、癌の深さが粘膜下層までで、転移、リンパ節転移のない早期癌ステージⅠA期が、182件中73件と1番多く、全体の40%を占めております。

しかし、いまだにⅣ期で発見される症例も40例(22%)と多く、健診やドックをもっと啓蒙する必要があります。

 

④胃癌(病期別)のカプランマイヤー(生存曲線)

【解説】

胃癌の病期別生存率を見てみますと、ⅠA期で3年生存率95.0%、5年生存率90.7%。

ⅠB期で3年生存率87.5%、5年生存率65.6%。

Ⅱ期で3年生存率69.5%、5年生存率51.5%。

Ⅲ期で3年生存率21.5%、5年生存率21.5%。

Ⅳ期で3年生存率8.7%、5年生存率5.8%。

全症例で3年生存率58.0%、5年生存率50.0%となっており、全国と比べほぼ同様の結果となっております。

 

⑤胃癌(病期別・75歳未満)のカプランマイヤー(生存曲線)

【解説】

胃癌におきましては、75歳以上を外した75歳未満の生存曲線も出しております。各病期において、大差はみられませんが、Ⅱ期においては、75歳未満が生存率が高く、背景として高齢者は他疾患の併存も多く、他病死も影響していると考えます。

 

⑥胃癌(全体)カプランマイヤー(生存曲線)

 

【胃がんについて】

胃とは

食べ物を飲み込むと食道という胸の中にある細い管を通ってお腹の中にある胃という袋のようなところに入ります。胃は上腹部にあり、胃の入り口を噴門、出口を幽門、中心部を体部と呼びます。胃はその3分の2のところでカーブしておりここを胃角部といいます。胃の主な機能は、食べ物を貯留することと、消化液である胃液と食べ物を混ぜて消化しやすい状態となった後、少量ずつ十二指腸へ送ることです。食べ物の消化や栄養分の吸収は、主に小腸で行われます。

胃の壁は5層に分けられます。内側より順番にならべると

  1.  直接食べ物と接する粘膜
  2.  その下の繊維組織である粘膜下層
  3.  厚い筋肉層
  4.  繊維組織である漿膜下層
  5.  一番外側の薄い膜である漿膜

となります。

胃癌とは

胃癌は胃の粘膜から発生します。胃には外からいろいろな食べ物が入ってきます。その中には発癌性のあるものも含まれています。また、タンパク質を分解する胃液という酸性の消化液が出てきます。さらにはピロリ菌という細菌が住みついて胃粘膜を荒らします。このようにいろいろな刺激にさらされるため、潰瘍ができたり、癌ができたりするのです。胃癌は近年減少傾向にあるものの日本人に多い病気ですので、40歳を超えたら毎年検診を受けることが望ましいです。消化器の癌の中で胃癌は大腸癌と並んで治りやすい癌の一つです。これは早期癌で見つかることが増えたことや、安全にしかも十分な手術が出来るようになったからです。

胃癌の症状

初期のころは、なんの自覚症状もないことがほとんどです。また、症状が現われても、胃癌特有のものはありません。なんとなく胃のあたりが重い、食欲がない、味覚が変わった、胸焼けやげっぷが多くなった、口臭がきつくなった、吐き気がするなど、ほかの胃腸の病気でみられるものと同じです。また、初期のころは痛みをともなうことはまれです。癌が進行すると、先に述べた症状がしだいに強く現われてきたり、常に感じられるようになります。体重も徐々に減少します。

さらに進行すると、胃のあたりにかたいしこり(腫瘤)を触れるようになったり、おなかに水(腹水)がたまったりします。胃癌から出血がある場合には、吐物の中に血液がまじったり(吐血)、便がコールタールのように黒くなったり、血便がみられることもあります。

このころになると貧血が進み、全身衰弱が目立つようになります。

肝臓や肺・骨・脳などの臓器に転移すると、転移した臓器やその程度により、さまざまな症状が現われます。

胃癌の広がり方

胃癌は胃の壁の内側の粘膜にできます。進行するにつれて、胃の壁を粘膜から粘膜下層、筋肉層、漿膜下層、漿膜へと深くもぐり込んでいき、ついには胃の壁を全部突き抜けることになります。こうなると胃の近くの膵臓や大腸などの他の臓器に広がったり、お腹全体の腹膜に癌細胞が散らばったりします。また、別の広がり方として、リンパ液や血液に入り込んで、リンパ節に転移したり、肝臓や肺などの他の臓器に転移したりすることがあります。

胃癌の進み具合(病期、ステージ)

癌の広がりが粘膜だけにとどまっている状態から、他の内臓に転移している状態までを病期あるいはステージで分けます。分け方としては、癌が胃の壁のどの深さまで進んでいるか、またどこのリンパ節に何個転移があるのか、他の内臓に転移がないかを総合的に判断して、病期がⅠA、ⅠB、ⅡA、ⅡB、ⅢA、ⅢB、ⅢC、Ⅳの8つに分けられます。病期によって、適切な治療法が決められます。

胃癌の検査と診断

胃癌の発見には、胃X線透視(とうし)と胃内視鏡(いないしきょう)が大きな役割を担っています。
胃X線透視(上部消化管X線検査)は、市区町村や職場の検診で広く行なわれています。バリウムと呼ばれる白い造影剤を飲んで行なう検査ですが、癌の全体像をとらえたり、胃の中における癌の位置を、より正確に知ることができる点で優れています。

胃内視鏡(上部消化管内視鏡検査)は、弾力性のある細いファイバースコープを口から挿入して行なう検査です。ファイバースコープは改良がすすみ、以前にも増して細くやわらかくなっていますし、のどに麻酔(ますい)をするなどの処置を行ないますので、苦しい検査ではなくなりました。また、この検査は、疑わしい胃粘膜の組織を直接採取することができます。この組織を顕微鏡で見ることで、癌か否かが正確にわかるのです。

胃X線透視も胃内視鏡も、日本の診断技術は世界のトップレベルにあります。いずれの検査も外来で受けられますが、検査前日の食事や飲酒・喫煙は控えめにし、当日の朝は食事をとらずに検査に臨(のぞ)みます。常用している内服剤がある人は、検査担当の医師と相談してください。検査の際に使う薬により、目がかすんだりしますので、検査当日は、車の運転や自転車での来院は控えたほうがよいでしょう。

胃癌が発見された場合は、ほかの臓器に転移していないか調べるために、超音波・CTスキャン・MRI・血管造影(けっかんぞうえい)などの検査が追加されます。また、早期胃癌の場合、内視鏡による処置で取り切れることもありますから、その適応を決めるため、さらに詳細な胃内視鏡検査や超音波内視鏡検査が追加されることもあります。

また、癌がからだのどこかにできた場合、血液中で特殊な物質の数値が上昇することがありますので、血液検査も行ないます。これらの物質を腫瘍マーカーといいますが、胃癌特有のマーカーはなく、すべての胃癌患者でマーカーが上昇するわけでもないので、胃癌の早期発見には用いられていないのが現状です。

胃癌の治療

胃癌と診断されたら、できるだけ早期に治療を受けるのが原則です。切除可能ならば手術を行ない、補助療法として抗癌剤や免疫賦活薬を、手術の前あるいは後に併用します。

手術

手術方法は、胃癌の発生した場所や、広がりの程度、他の臓器への転移の有無によってちがいます。一般的には、癌組織を含めて十分な範囲の胃を切除したうえで、転移の可能性がある胃の周囲のリンパ節を除去するために、リンパ節の摘出(リンパ節郭清)を行ないます。

早期胃癌であれば、癌を完全に取り切って永久的な治癒を目指す「根治手術」が行なえます。このような癌に対しても、以前は広く大きく切除することが大原則でしたが、癌が完全に治って(根治して)、手術後長期間生存できる人が増えてきた昨今では、根治性を損なわない程度に、小さい範囲で切除する治療も広く受け入れられるようになってきました。

たとえば、内視鏡を使って、粘膜内にとどまるごく早期の癌を切除する「内視鏡的粘膜切除術」を行なえば、おなかを切り開く必要もなく、入院も短期間ですむうえ、胃の形や機能が損なわれることがないので、術後の障害がほとんどありません。

また、一部の施設では、おなかに内視鏡を挿入して、おなかを大きく切り開かずに胃の部分切除を行なう「腹腔鏡下手術」も導入されて良好な成績をあげています。手術後の機能障害が少なく、手術創が小さいので、社会復帰が早いのが利点です。

一部の進行癌でも「根治手術」は可能ですが、浸潤の程度が進んだ場合や、他の臓器への転移がある場合は、症状を改善するための「姑息的な手術」が行なわれることもあります。

その一例として、食物の通過障害がおこっている場合に行なわれるバイパス手術があります。胃の切除範囲は、部分切除の場合と全部摘出する場合がありますが、必要に応じて周囲の臓器(脾臓、膵臓、肝臓、横行結腸など)を同時に切除することもあります。

切除した胃は再生されませんが、再び食事が摂れるようにするために、食物の通り道を再建する処置を施します。

手術が不可能な場合

広い範囲に転移をおこしているなどの理由で手術が不可能な場合は、抗癌剤を用いる化学療法や、免疫療法が行なわれます。

手術後の療養

手術直後は口から飲食物を摂ることができませんので、その間は点滴で栄養を補います。口から飲食物が摂取できるようになるのは(手術術式によって多少の差がありますが)3日目~1週間前後です。

まず水分から始め、流動食から徐々にふつうの食事にもどしていきます。胃を切除した後は1回に摂れる食事の量が少なくなるため、当初は1日に5~6回に分けて食事をする必要がありますが、しだいに1回の食事量が増えて、ふつうの人と同じように食事が摂れるようになります。ただし早食いは厳禁です。

手術創の糸が抜け(抜糸)、からだに入っていた排液管などが抜けると、入浴も可能になり、退院するのも間近となります。

手術後の社会復帰については、個人差がありますので、担当医とよく相談してください。

 

手術後の後遺症

胃を切除すると、胃の食物貯留機能が低下・消失するために、消化吸収障害・下痢・ダンピング症候群(めまい、頻脈、発汗など)・逆流性食道炎(胸やけ)などの後遺症がおこることがあります。手術による癒着や暴飲暴食などが原因で腸閉塞をおこすこともあります。また、貧血や骨代謝異常(骨粗しょう症、骨軟化症など)・胆石の発生が手術後長期間たってからおこる場合もあります。
手術後の再発防止や後遺症予防のために、定期的に外来を受診し続けることが必要で、原則として術後5年間の受診が必要です。

化学療法

癌の再発を予防するために、あるいは手術では取り切れなかった癌をたたくために、抗癌剤を使用することがあります。使用方法は内服の場合や点滴の場合などがあり、薬剤としてはフルオロウラシル(5FU)やその類似物、シスプラチン、イリノテカン、タキサン系などが単独あるいは併用で用いられています。

近年、上記の抗癌剤に加え分子標的薬という、特定の分子を標的にその働きをおさえることで治療効果を高める薬剤の併用が行われています。さらに、2018年のノーベル医学・生理学賞を受賞した本庶佑博士の開発したオプジーボという免疫チェックポイント阻害薬も使用できる様になっています。

その他の治療

放射線治療や温熱療法などが試みられていますが、十分な効果をあげるには至っていません。

胃癌の予防法

食生活については、塩分の多い食品の摂取や、野菜、果物の摂取不足が指摘されています。また、ヘリコバクターピロリ菌については、日本人の中高年の感染率 は非常に高く、若年層では低下していますが、感染した人の全てが胃癌になるわけではありません。現在、除菌療法が胃癌リスクを低くするという研究結果 が集積されつつありますので、感染していることがわかれば、除菌療法が推奨され、定期的な胃の検診を受けることが勧められます。