乳癌の生存率 2018年

対象期間 2011年1月1日~2017年12月31日
観察終了日 2018年8月31日
予後調査 来院情報
他施設照会
衛生環境研究所からの予後情報
生存率算出方法 カプランマイヤー法(実測生存率)

 

全症例数 252名
男:3名 女:249名
男女比 1;83
平均年齢 61.7歳
Stage判明率 99.6%
消息不明数 25名
消息判明率 90%

 

病期別 症例数 死亡数 3年生存率 5年生存率
0 43 0 100% 100%
106 2 98.1% 98.1%
73 8 89.1% 83.3%
16 2 91.6% 82.5%
13 8 45.1% 33.8%
全症例 0~Ⅳ 251 20 92.7% 88.6%

【解説】
乳癌病期Ⅰ期死亡者2名は、他疾患にて死亡。Ⅱ期死亡者8名は原疾患1名、他疾患2名、死因不明5名。

Ⅲ期死亡者2名は、原疾患1名、他疾患1名、Ⅳ期死亡者8名は、原疾患6名、死因不明2名となっております。

※死因不明の方は院外での死亡の為、死因判明が出来ませんでした。

 

①乳癌の男女別年齢階級グラフ

【解説】

乳癌は、女性のがんの罹患率の第1位となっており、現在増加傾向にあります。

乳癌は、女性だけに発生するがんと思われがちですが、男性にも発生します。男性乳癌は、全乳癌の1%以下の頻度と比較的稀な疾患とされておりますが、当院では2011年から2017年までの7年間で1%(3症例/249症例)の罹患を認めました。平均年齢は、61.7歳で、女性の乳癌では60歳代前半に最も多く、次いで40歳代後半となっており、60歳代後半から次第に減少しています。背景として、40歳からの乳癌検診の推奨と受診率の向上の影響が考えられます。

 

②乳癌の男女割合

【解説】

当院の患者さんの男女比は1:83となっており、全国的にも女性が男性の99倍あると言われております。

 

③乳癌の病期別(ステージ)症例数

【解説】

病期とは、がんの進行の程度を示す言葉で、英語をそのまま用いて、ステージとも言います。

病期は、がんが乳房の中でどこまで広がっているか、リンパ節転移があるか、乳房から離れた臓器への転移があるかなどによって決まります。

近年、検診受診率の上昇により、早期乳癌(ステージ0、Ⅰ、Ⅱ)の増加が認められています。

当院では乳癌252件中、しこりの大きさが2cm以下で、リンパ節や別の臓器に転移のないステージⅠが106件と全体の42%を占めております。

 

④乳癌(病期別)のカプランマイヤー(生存曲線)

【解説】

乳癌の病期別生存率を見てみますと、Ⅰ期で3年生存率98.1%、5年生存率98.1%。

Ⅱ期で3年生存率89.1%、5年生存率83.3%。Ⅲ期で3年生存率91.6%、5年生存率82.5%。

Ⅳ期で3年生存率45.1%、5年生存率33.8%。全症例0~Ⅳ期で3年生存率92.7%、5年生存率88.6%となっており、他の癌に比べて予後の良い癌だということが解ります。

⑤乳癌 全症例カプランマイヤー(生存曲線)

 

【乳癌について】

乳癌とは?

大人の女性の乳房は、乳頭を中心に乳腺が放射状に15~20個並んでいます。それぞれの乳腺は小葉に分かれ、小葉は乳管という管でつながっています。乳癌の約90%はこの乳管から発生し、乳管がんと呼ばれます。小葉から発生する乳癌が5~10%あり、小葉癌と呼ばれます。

乳癌の症状

乳癌は5mmぐらいから1cmぐらいの大きさになると、自分で注意深く触るとわかるしこりになります。乳癌が乳房の皮膚の近くに達するとえくぼのようなくぼみができたり、皮膚が赤く腫れたり、乳房表面の皮膚がオレンジの皮のように赤くなり、痛みや熱感を伴う場合があり、このような場合は、転移をきたしやすい病態となっていることがあります。

乳房の近傍のリンパ節に移転が広がり、リンパ節の腫れが大きくなったりすると、リンパ液の流れがせき止められて腕がむくんだり、腕に向かう神経を圧迫して腕のしびれをきたしたりすることがあります。

乳癌の検査

レントゲン検査(マンモグラフィー)、乳腺超音波検査、MRI検査、CT検査などがあり、乳癌が疑われた場合は、しこりに細い注射針をさして細胞を取る穿刺吸引細胞診と、太い針を刺してしこりの一部を採取する針生検を行うこともあります。乳癌が転移しやすい臓器として、肺、肝臓、骨、リンパ節がありますので、転移があるかどうかの検査として、胸部レントゲン撮影、胸腹部のCT、骨のアイソトープ検査(骨シンチグラフィ)などが行われます

乳癌の治療

乳癌の治療には、外科療法、放射線療法、薬物療法があります。癌の進行度、組織型によって、治療法の内容や組み合わせが異なります。手術療法としては、乳房温存手術、乳房全摘術、リンパ節切除(郭清)、乳房再建術が行われます。放射線療法には、手術後の再発予防目的で行われる場合と、骨の痛みなどの転移した病巣による症状緩和目的で行われる場合があります。また、薬物療法では、ホルモン療法、化学療法、分子標的療法があり、患者さんの病状によって選択されます。

乳癌の予防法

乳癌の発生、増殖には、性ホルモンであるエストロゲンが重要な働きをしています。生理・生殖要因としては、初経年齢が早い、閉経年齢が遅い、出産歴がない、初産年齢が遅い、授乳歴がないことがリスク要因とされています。また、閉経後の肥満は確立したリスク要因ですが、閉経前乳がんについては、逆に肥満者でリスクが低くなることがほぼ確実とされています。

飲酒習慣により、乳癌のリスクが高くなる可能性があるとされ、また、閉経後の女性では運動による乳癌リスク減少がほぼ確実とされています。その他の食事、栄養素に関しては、野菜、果物、イソフラボン等が注目されているものの、十分に根拠がそろっているものはまだありません。

その他、一親等(親・兄弟姉妹)の乳癌の家族歴、良性乳腺疾患の既往、マンモグラフィ上の高密度所見は、乳癌の確立したリスク要因とされています。