新年のあいさつ [あすなろ]

rijityou

社会医療法人かりゆし会
理事長 安里 哲好

明けましておめでとうございます。昨年は沖縄の台風を含め、中四国の豪雨による河川の氾濫・土砂崩れ、台風21号による関西国際空港滑走路の浸水、北海道の地震等と日本列島で多くの自然災害が発生した年でした。早急な復旧復興が望まれると同時に、今年こそ安寧な一年で有りたいものです。そういった中でも、本庶 佑 京都大学 特別教授がノーベル医学生理学賞を受賞されたことは、国民にとっても医療界にとっても希望をもたらす素晴らしい出来事だったと思います。がん治療は大きく発展する可能性があり、今後に期待したいと思います。
昨年の10月18日(木)に日本医師会会長・世界医師会会長の横倉 義武 先生をお招きして、ハートライフ病院設立30周年記念講演と祝賀会での祝辞を頂きました。また、30年永年勤続者7名、20年勤続者12名、10年勤続者32名が表彰され、長年の地域医療貢献や職場環境向上に寄与された事に心より感謝申し上げます。
病床機能報告制度における県への届け出は、308床を高度急性期・急性期で届けていますので、揺るぎない高度急性期・急性期病院にしたいものです。そのためには、外科・外科系の領域においても更なる向上と全体での病床利用率増が望まれます。また、今年からスタートした新専門医制度の19の基本領域のうち、一つで良いので基幹施設認定を取得したいものです。
設立から30年が経過し、職員が1,030名になり、職員の健康を支える「かりゆし会健康管理センター」の設立が望まれます。沖縄県医師会では「65歳未満健康・死亡率改善プロジェクト―働き盛りの健康づくり―」を進めています。毎年約2,000人が30~65歳未満という若さで亡くなっていることは極めて憂慮すべきことです。その原因として最も多いのが高血圧性関連疾患です。次いで2位は自殺、3位は大腸がん、4位は乳がんや子宮がんといった女性特有のがん、5位は不慮の事故、6位はアルコール性肝疾患と肺がんです。さらに糖尿病性腎症に起因する人工透析導入も全国1位と驚くべき頻度を示しています。皆さんの血圧はきちっとコントロールされているでしょうか? 40歳以上の方は毎年便潜血検査を受け、40~54 歳の方は4 年に1 回、55~69 歳の方は3 年に1 回の大腸カメラ検査をお勧めします。そして禁煙と適量の飲酒・休肝日、肥満の方は1年で5%の体重減を目指し、運動する習慣を身につけましょう。女性は婦人科健診を受けましょう。
今年も皆様にとって、健康で実り多い年で有りますよう祈念いたします。

 

okusimaintyou

ハートライフ病院
院長 奥島 憲彦

皆様、新年あけましておめでとうございます。おかげさまでハートライフ病院は昨年の8月22日に創立30周年を迎えることができました。これもひとえに地域の皆様の温かいご支援のおかげだと心より感謝申し上げます。
さて、5年前より計画を開始し部署ごとに行ってきた増築・改修工事が、内視鏡センターを最後に今年の2月で終了します。業務を継続しながら工事を行ってきたため、当院をご利用の皆様には大変ご迷惑をおかけしました。衷心よりお詫び申し上げます。明るく、広々とした東館での外来診察も好評で、海の見えるきれいな部屋でのご家族と一緒の出産も妊婦さんに喜ばれています。また、最新鋭の血管造影室が新設され、不整脈に対する焼灼術や脳血管内治療がより安全に行えるようになりました。加えて、立体駐車場の完成により車が敷地内で数珠つながりの状況で駐車を待つという光景も無くなりました。
今年も、職員一丸となって「より安全な医療」、「より質の高い医療」を実践し、沖縄本島中南部東海岸の中核病院としての役割を果たしていく所存です。
最後になりますが、皆様のますますのご健康とご多幸をお祈り致します。

 

yamamotoinyou

ハーライフクリニック
院長 山本 壽一

あけましておめでとうございます。平成最後のお正月となり、皆様におかれましては、新しい年への期待が大きいのではないでしょうか。
ハートライフクリニックは今年の4月に開院7年目を迎えることになります。これも地域の皆様のご支援によるもので心から感謝申し上げます。
私の専門とする糖尿病に関して、ここ数年で妊娠糖尿病の紹介患者様が急増してきました。原因としては現代社会の合理化や食の豊かさ故の弊害も大きいものと思われます。妊娠糖尿病の患者様は出産後には正常に戻りますが、5年後に30%の人が本当の糖尿病になると言われています。出産後の食事療法や運動療法などのセルフケアが発症予防に欠かせません。
セルフケアに関係する病気には肥満が関わっており大きな問題となっています。肥満に関連した合併症は沢山あります。糖尿病、高血圧症、高脂血症、腎臓病、また最近はがんも関連することが明らかになりました。沖縄県の長寿復活には肥満の予防が重要です。ハートライフクリニックでは生活習慣病の診療をはじめとして、運動療法を学べる疾病予防運動施設Ryuew-Za(リューザ)、またヘルシーカフェohana(オハナ)で管理栄養士がプロデュースしたお食事を楽しめます。地域の皆様の健康増進にハートライフクリニックが貢献できるように様々な取り組みを今年も行いたいと思います。皆様のご参加をお待ちしています。
最後になりましたが、皆様とご家族のご健康とご多幸をお祈り致します。

 

miyahirasenta-tyou

ハートライフ地域包括ケアセンター
センター長 宮平 典子

新年おめでとうございます。皆様におかれましては、健やかに新春をお迎えの事とお慶び申し上げます。
旧年中は、利用者様並びにご家族様、地域の皆様、連携先機関の皆様、行政関係各位からの温かいご支援とご協力を賜り、無事新春を迎えることができましたことを心より御礼申し上げます。
平成30年度、ハートライフ地域包括ケアセンターでは入居率の向上と職員離職率の低下を大きな目標としてきたところですが、地域の皆様から多数のご相談をお受けし、9月には一時期入居者数90名を達成でき、また職員の離職率も大きく低下することが出来ました。
入居率の向上を目指す上で、これまで以上に入居者様に対する体調管理を手厚くするため、訪問看護体制の変更も行いました。そのことで、異常の早期発見・早期対応や看取り看護の充実などに効果が出ているものと自負しているところです。今後は訪問看護の新しい体制をもとに、施設外の地域の多くの皆様に「はーとらいふの訪問看護」を展開していく予定です。
平成30年度は開設当初からの課題である介護人材の確保と定着にも取り組みました。新入職者の早期離職防止対策として、メンター制度(先輩職員が新職員をサポートする仕組み)の導入やOJT(現任訓練)に注力することにより、離職率は昨年57%から今年度は13%(12月末時点)へ大幅に減少しました。これは全国平均16.7%、県内平均22.9%と比較してもとても低い離職率です。
人材確保の成否が経営状況を大きく左右する介護業界において、安定経営の実現は重要な課題であり、その達成のためには限られた人的資源での業務効率の向上や職員の皆様の満足度の向上、業務負担の軽減、やりがいやモチベーションの維持向上に尽力することが求められます。
平成31年度もそれらを念頭に良質なサービスの提供を目指しスタッフ一丸となって日々精進して参りたいと思います。
関係各位、利用者様とご家族の方々のご指導、ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。